FOINS 最強のネットワークと思いきや・・・

ビジネス

 私がネットワークビジネスをスタートした時の案件はFOINSという案件でした。
130万円という初期投資を支払い、それの引き換えに毎月7,8%の利益と元本が毎月かえってくる、つまり毎月14,5%というお金が入ってくるという案件でした。

 私はその当時、金融知識というものが全くなかったため、話を聞いてすごい話だと単純に思ってしまいました。しかし、130万円という貯金なんてあるわけないので消費者金融に借りに行くことを勧められ、2社から合計で130万円というお金を借りて投資をスタートしました。

 実際に、1ヶ月経って配当日になると、自分のwebページ上にお金が振り込まれてきて、そのお金を出金すると自分の登録した銀行口座に着金しました
 何もしないで15万円ほどのお金が銀行口座に着金したのです。純粋にすごいという驚きと興奮しかありませんでした。
 また、その当時、F1のwilliamsという会社と提携しているということで実際にwilliams車の車体にはfoinの文字が。
 私にこの案件を紹介してくれた先輩がそのことはとても凄いことだと、周りにいる人たちも皆口を揃えて同じことを言うものですから、私もすっかりその気になってしまい、すごいことだと思い込んでいました

 投資をして1ヶ月して実際に配当が入ってから、私を誘った先輩たちに
「友達と一緒に豊かになりたくない?FOINSを紹介したら、〇〇も稼げるし、その友達もお金が増えてみんな、損することなんてないよ!」
その言葉を受けて、実際に自分も配当が入っていたものですから紹介しよう!
という意思になってしまいました

 ここからが悪夢の始まりです

 先輩には「中身の話をしなくていいので、とりあえず俺につないで!」とだけ言われていたのでその先輩にどんどん紹介をしました。
 その先輩もネットワークビジネスの経験が長かったので、口がうまいこともあり
紹介した人たちがどんどんFOINSという案件に参入することになりました。
しかし、問題はその参入する際のやり方です。というのも、冒頭で記述したように最初に130万円という投資金額が必要になります。20代の友達が130万円というお金があるのでしょうか?もちろんありません。
 

 では、どうするか?
 

 その先輩から、消費者金融を勧められるのです

 自分の中に小さな疑問点はあったものの、自分にもお金が入ってくるし、その友達にも毎月お金が入ってくるのでまあ、いいや!という感覚だった私。どんどん友達を紹介していき累計で10人ほどは紹介をしたと思います。

 しかし、そんな夢見たいな案件はそう長くは続きませんでした。

 急に、配当がストップしたのです。
 今まで配当金を受けていたものは受けれなくなり、紹介報酬も一切なくなりました。
そう、一切FOINSからお金が入ってくることはなくなったのです。

 自分のお金がなくなるだけならば、自己責任なので問題はありませんでした。しかし、問題は友達を紹介してしまっていたことです。

 ほとんどの友達がお金を借りて、投資をスタートしている人たちばかりです。配当から、毎月の返済をしていく予定でしたがその配当がなくなってしまい、返済するお金がないと言う話になります。

 もちろん、自分でやったことだから自分でどうにかするという心優しい友達もいましたが、中には「なんてものを紹介してくれたのだ」と激昂する友達もいました。自業自得です。

私自身も、配当や紹介で得たお金は使ってしまっていて残っていなかったため結局残ったのは130万円という借金と、紹介した友人たちからの怒り、失った信頼。
それだけでした。建て替えて返済をしてあげているものもあるので、今現在、裕福かと言われると決して裕福ではありません。今も、支払いをするために必死で仕事をしている現状です。

 この件から、ネットワークビジネスの怖さを改めて痛感しました。もちろん、投資をしたりビジネスをしたりするのは自己責任です。しかし、紹介されてきた案件になると
紹介して来た人を責めてしまうものです。私自身も、紹介してくれた先輩に、お金を返して欲しいと投げかけてみましたが、返ってくることはありませんでした。

 今後、ネットワークビジネスをやる方は、全てを失う覚悟で挑戦できる方はしていいと思いますが、そこまでの覚悟がない方はやらない方がいいと思います。

 これが私のネットワークビジネス体験記でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました